脱毛促進シグナルNT-4に注目

アポトーシスを起こすNT-4に注目
BMPとエフリンというタンパク質を研究していた当時、NT-4というタンパク質にも着目していました。
BMPとエフリンは脱毛部位において減少していましたが、NT-4は逆に増加していました。
NT-4は、毛包の細胞に対して、アポトーシスを起こすことが知られています。アポトーシスは生体の機能維持のために起こる細胞の自殺で、通常毛髪が生え変わる時にも起こっています。しかしそれが過剰に起こると毛髪にとって悪影響を及ぼし、脱毛が促進すると考えられます。
アポトーシスを起こすNT-4に注目

アポトーシスとは
「生理的条件下で細胞自らが積極的に引き起こす細胞の死」
例えば・・・
1. ヒトで、胎児の頃にある水かき様のものが、アポトーシスで無くなる事で、5本の指ができる。
2. 木の葉は付け根のところでアポトーシスが起こるため、自然と木の枝から落ちる。
3. おたまじゃくしがカエルになるときにアポトーシスが起こるため、しっぽが無くなる。

NT-4とは?
NT-4(Neurotrophin-4:神経栄養因子4)は、一般には神経成長に関与するタンパク質として知られています。
NT-4とは?
※脱毛シグナルとしては、NT-4の他にTGF-β(形質転換成長因子)が知られています。

ページトップ
  • トップ